フロント設備のセキュリティが重要

フロント設備のセキュリティが重要 最近の日本では寺離れが、たくさんの人たちの間で目立ってきています。寺離れの原因として考えられるのが斎場に、お坊さんを呼ばないで葬式を執り行う遺族が増えたり檀家の家族が減ったりすることです。このことによって寺院の収益が減ってきています。ですので家族の1人が亡くなったときに葬儀を行うのに適した斎場がどこなのかが分からないという人は少なくありません。

葬儀を行うのにあたって斎場のフロントは弔問客が訪れる最初の場所であり、お香典などの金品などをお預かりする大切な場所となります。近頃は、お香典を紛失したり盗まれたりするトラブルが多発しているので葬儀を執り行うときには注意が必要です。ですので斎場を選ぶときには、ちゃんとセキュリティの高いフロントの設備が整っているかどうかが重要になってきます。また弔問客が高齢の方が多いことが予想される場合は、車椅子などでスムーズに移動できるバリアフリーになっていることも大切です。

葬儀、告別式で斎場に行く際には

葬儀、告別式で斎場に行く際には 葬儀、告別式で斎場に行く場合、急いで駆け付けて、出張帰りのスーツケースがあったり、冬場はロングコートや手袋、マフラーなどの防寒の為の荷物がかさばってしまう事がありますよね。会場の隅にお焼香が終わるまで置いておくのは失礼にあたってしまう気もしますし、斎場での手荷物はどうしたらよいのでしょうか?両手がふさがっていてはお焼香が出来ませんし、一人で参列したばあいはどうしたものかと悩まれた人も多いのではないでしょうか?
スーツケースなどの大きな物は駅のホームでコインロッカーなどを使用するのも良いですが、冬の時期の防寒具までしまってしまうというわけにもいきません。
葬儀社などの会場では、ほとんどのところはクロークがあり、コートや大抵の物は預かってくれます。受付で番号札を持たされて、預けた後、帰りに交換するという形になります。ただし、やはり葬儀場ということもあるので、参列の際はなるべく持ち物は少なくコンパクトにしましょう。