斎場に花を届けてもらって手間を省略しましょう

斎場に花を届けてもらって手間を省略しましょう 葬儀の際に花を贈る場合、遺族の方々それぞれに意向があり、宗教やその家のしきたりに加えて地域での習慣もあるので、そのルールに沿ったものを贈るのがマナーとなります。
実際にはお店と斎場に相談しながらという形になりますが、あらかじめ知識を持っておくことでスムーズに事を運ぶことができます。
通夜・葬儀の会場を飾るお花は事前に手配して葬儀社・斎場に届ける必要があります。
通夜・葬儀に参列する際に持っていくことはなく、個人ではなく故人・遺族と関わりのある法人等からお悔やみの品として贈ることになります。
具体的には通夜よりも後で葬儀に間に合うように贈り、遺族や斎場が扱いやすいように葬儀前日までに贈るのが最適です。
なお個人で贈る場合には、葬儀以降の日に遺族が落ち着いた頃を目安に故人宅に贈るようにしましょう。
また、通夜と告別式が自宅で執り行われる場合には、そのまま飾れるようにアレンジメントとして贈る方法が適しています。
通夜と告別式が斎場や他の会場で執り行われる場合は、スタンドとして贈る方法が一般的です。
葬儀の際に花を贈るのであれば、蒸気の点に注意してマナーを守って贈るように心がけることが大切であると言えます。

葬儀に行けないときに斎場に香典を送るのはアリ?

葬儀に行けないときに斎場に香典を送るのはアリ? 香典とはそもそも故人への供養の意味でお供えとして用意するものです。
冠婚葬祭にはその場に相応しいマナーがあり、現代は斎場で葬儀が執り行われるのが一般的ですが、まず始めに会場の受付にてお渡ししましょう。
しかしながら、参列者が高齢の為に斎場が遠過ぎるなど、何らかの事情でどうしても葬儀に参列出来ない場合は、郵送にてお渡ししても構いません。
その場合は、現金書留にて、お悔やみの手紙を添えてお送りします。
又、「御香典」とは、仏式の表現で、その他にも、御霊前、御仏前などがあります。
神式の場合は、御玉串料、御榊料、キリスト教式の場合は、御花料、と相手の宗派によって不祝儀袋の表書きも違ってきますので、注意が必要です。
どうしても、相手の宗派が分からない場合には「御霊前」と書きます。
その他にも、不祝儀袋の包み方、書き方や袱紗(ふくさ)の用意など、決まりごとがありますので、急なことで慌てないように、 平時に確かめておくのが安心です。