本人がどうしても出席できない場合に代理人を出席させる事は許されています。
まず受付では挨拶の前に誰々の代わりに来たという事を話してから、簡単なお悔やみの言葉を述べて香典を出し記帳します。
記帳する時は出席するべきであった本人の名前を書き、その横に小さく「代」と書き添えます。
受付がない場合は、遺族の方に直接渡しても良いですし、祭壇に供えても良いです。
代理とはいえ本人の代わりに参列するので、斎場では失礼がないようにする必要があります。

斎場に誰かの代理人として顔をだすのはアリ?

斎場に誰かの代理人として顔をだすのはアリ? やむを得ず本人がどうしても出席できない場合、自分の代わりに誰かを斎場に代理人として出席させる事は許されています。
まず斎場の受付で、挨拶の前に「誰々の代理人で来ました」と簡単に本人が欠席する事情を話してから、「この度はご愁傷様です。
これをご霊前にお供えしてください」と簡単なお悔やみの言葉を述べて香典を出して名前を記帳します。
記帳する時は自分の名前ではなく、本来出席するべきであった本人の名前をを書いて、その横に小さく「代」と書き添えておきます。
受付がない場合は、遺族の方に直接渡しても良いですし、祭壇で一礼する時にそこに供えても良いです。
代理とはいえ本人の代わりに参列するので、斎場では故人や遺族の方に失礼のないようにする必要があります。

斎場に物を郵送するのはアリ?

斎場に物を郵送するのはアリ? 本来はその葬儀に参列するはずが、何らかの理由によって参列できない場合は、お花や香典を用意してご遺族の方に送る、と言う事も可能です。
ただ、斎場に物を郵送するのは相手に対して迷惑になる場合も有るので、できるだけ避けるのがマナーです。
ただお花の場合はどうしても葬儀の時に飾って欲しいと言う事が有るのであれば、斎場の方に連絡をし、葬儀に間に合う様に送ることも可能です。
しかし葬儀によっては全て斎場の側で花を用意すると言う事もあるので、事前にどの様になっているかを直接問い合わせる方が無難です。
また香典に関しては葬儀に間に合う様に送りたいと言う事で斎場の方に送るべきかと考える事もあるかもしれませんが、これに関しては送らないようにします。
この場合はご遺族の自宅の方に送る形が一般的です。
実際に香典を郵送で送ること自体はマナー違反ではありません。
しかし送る時は中身が現金なので、現金書留で送るのが基本です。
しかし現金書留自体は時間や日付の指定が出来る郵便ではありません。
ご遺族がいない時は葬儀社の方では受け取る事も出来ずに配達の人に「持ち帰ってもらう事になってしまう為、必ず受取が出来るようにご自宅の方に送ります。

葬儀に関するお役立ちリンク

静岡県で24時間迅速対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式についてご紹介します。

静岡県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式